2017年05月

どうも、クラードです!そして助手の、立花です!

[立花]
ちょっと何よ、前回の私の出番の無さは!

[クラード]
ごめんごめん、今回も袋のままで良いなら、写真出すけど...どうする?

[立花]
出さなくて良いわよ!
袋ならまだマシよ、今回は最悪だわ!
さらに押入れに閉じ込めるだなんて!!

[クラード]
そう言うな、大体ね1/1スケールのフィギュア作成のベースになる材料が、マネキンかエアドールしか浮かばなかったんだよ。

マネキンは高額だし場所取るし、低価格で出来る1/1フィギュアがタイトルだったしね。

それに、何故俺がエアドールを選んで女子学生の格好にしたのか...。
本当の理由を知っているのは一部の読者だけなんだ。

フフフッ、他の人には教えない秘密ってヤツですよ。

全てを明かさないから、ブログは面白いのです!

俺は仮面の男ですからね。

[立花]
そんな事より、前回の続き書くんでしょう?

[クラード]
あっ!そうでした。
俺はブラジルの方とよくレストランに行きます!

すると、よその席でこんな状況を目にします。

イメージ 1


さて、この人は何と言ったでしょうか?

[立花]
そうねぇ、満腹で幸せそうだから、
(食った食った、あ~っ良い気分だ!)
なんて、どうかしら?

[クラード]
ピンポーン!大正解!!
あはははっ、今ブラジルの人は大爆笑しましたよ!

[立花]
えーっ、今私面白いこと言いました!?
言ってませんよね?
何?何?何?
まさか私、変な事言ってる~っ?

[クラード]
万子さぁ、今ポルトガル語で話したろ!

[立花]
えーっ、何処?何処?何処よ!
日本語よ日本語!Japaneseよ!ok?

[クラード]
そんなに狼狽えるなよ、然程変なことは言ってないぜ!

今写真付きで万子が使ったポルトガル語を通訳してやるから...待ってな!

イメージ 22


(ケツの穴ケツの穴、ア~ッなんてセクシーなお尻!)だ!
どう、解った?

[立花]
何よ~っ、凄く変なこと言ってたじゃないのよ!

も~っ、恥ずかしいじゃない!クラードのバカ!

やっと解ったわ!何故ブログタイトルにR18が付いているのか!
これからどんどんエスカレートして行くのね!

[クラード]
そう言うなよ!次は俺に起きた悲劇の話しなんだから...。

[万子]
悲劇ってまさか、クラードに不幸な事でも起きたの?

大丈夫だった?

[クラード]
人生最大のピンチ!危機一髪!絶体絶命て感じだったよ!

あれは俺が足を強打した時のことだった。

イメージ 2


痛みをこらえていた。

イメージ 3


そんな俺の姿を発見したブラジル人は...。

クラードさんどうしたの?大丈夫?

イメージ 4


クラードさん足をどうかしたの?

イメージ 5


と、心配そうに声を掛けて来ました。

しかし、本当の不運はここから始まったのだ!

[立花]
確かに痛そうね。
不運と言えば不運だけど、でもブラジル人って、優しい人達が一杯いるのね。

[クラード]
俺も最初はそう思ったよ...。
そして、俺はもう大丈夫だからと言って、ヨタヨタとその場を離れ様とした時...。

イメージ 6


一人の男が俺を指差してこう叫んだのだ!

イメージ 7

オーゥ!クラード、マンコ!!

すると他のブラジル人もその言葉に反応して、次々に俺を指差して恥ずかしい言葉を口にしだしたのだ!

[ブラジル人]
クラード、マンコ!?

イメージ 8


クラードさんもしかして、マンコなの?

イメージ 9


あっ、マンコだ!

イメージ 10


え~っ、何処?本当だ!マンコだ!!

イメージ 11


クラードさんって、マンコなんだ!
マンコになってる!

イメージ 12


[クラード]
ちょっと待て!いま俺に何が起こってるんだ!?

イメージ 13

それに俺は、マンコになった覚えはないし、そんな名前じゃないよ!クラーディスだよ!どうしちゃったんだ皆!

俺は、頭の中でこう考えていた。

誰かが俺の背中に...

イメージ 14


貼り紙をした奴がいる!

イメージ 15

注意:[おバカ]ではなく[マンコ]です。

何処かで背中の貼り紙を剥がさなければ!

そして、俺は一目を避ける様に逃げ出したのだ!

イメージ 16


だが、奴ら(ブラジル人)は声がデカイ!
クラードさんはこっちよ!
もうマンコ良いの!?

イメージ 17


頼むから皆に知らせるのはやめろ!!

そして俺のことをマンコと呼ぶな!

そして、逃げる俺の後を、一人の女性が追い掛けて来たのだ!

イメージ 18


集団でないなら、まだましか...

そして俺は、彼女に尋ねた。

[クラード]
ちょっと良いか?
何故皆は俺を見て(マンコ)って言うの?
俺の背中に何か書いてあるの?
人前でマンコ!マンコ!言っているけど恥ずかしくないのか?

イメージ 19


すると彼女は俺の質問にこう答えた。

イメージ 20


[ブラジル女性]
あっ、マンコのことね!
(マンコ)ってポルトガル語なのよ。
日本語の意味で(びっこ)を引く事を言っているの。
皆は本当にクラードさんの足を心配しているのよ。

[クラード]
なっ、何だって!!それマジか?
俺を心配している...のか?

[ブラジル女性]
本当よ、それよりクラードさん、もうマンコ大丈夫なの?
マンコ良くなった?
マンコ治ったの?

イメージ 21

マンコって言った後のこの笑みは何なんだ?

心配していると言うよりは、からかって見えるけど...

まさかお前ら、マンコの日本語の意味知っていて、わざと使っているんじゃないのか?

負けるな俺!...そうか、あの手があったか!

[クラード]
あっ、マンコってもしかして、ブッセッタのこと?

ブッセッタを心配しているの?

と、俺が返した時の彼女の表情が、こんな感じだったっけ。

イメージ 23

(注意:ブッセッタはポルトガル語です。)
そのまま続けて彼女にこう答えてやった。

ありがとう、たぶんブッセッタもう治ったから!

たぶんブッセッタもう大丈夫だから!

大丈夫かどうか、ブッセッタの調子を触って確かめても良いいかな?

もし良ければ君のブッセッタも確認してみたいけど、どうする?

(彼女のその後の仕草)

イメージ 24



どうだ!逆に言われるとメチャ恥ずかしいだろう!

ちなみに(ブッセッタ)は、ポルトガル語で(マンコ)の意味になります。

ポルトガル語でブッセッタと言う事に恥ずかしさを全く感じない日本人の俺!

フフフッどうやらこの勝負、俺の勝ちのようだな!

と、大満足したクラードでした。

この騒ぎのおかげで、足の痛みを忘れました(笑)

[立花]
あ~っ、言葉のセクハラね!
途中心配して損したわ。

[クラード]
立花さん!君の名もブラジル人に通用する名前で良かったじゃない!

なんたって、万子(まんこ)なんだからさ。

[立花]
万子(まこ)よ!まこ!マコと呼びなさいよね!

まさかこのネタをいつかブログに書く為に、計画して私に名付けたんじゃないでしょうね?

[クラード]
まあな!やっぱり分かっちゃいました?

[立花]
何処まで先を考えてるのよ!
しかも下ネタで...。

ある意味尊敬するわ、まさか次回も何か企んでるんじゃないでしょうね。

[クラード]
ん~っ、そこ気になりますか?

気になる読者様は、次回もお楽しみに!

それではまた!

どうも、久しぶりの更新です!
無意識にポルトガル語を話す私、クラード.クラーディスです!

今回はポルトガル語の苦い経験をお話ししますね!

写真が無いので助手の立花 万子さんに、フォローしてもらいます!

それでは、どうぞ!

イメージ 1

[立花]
............。

[クラード]
あれっ?万子居ないの?

[立花]
居るわよ!見て分からないの!?
袋よ、袋の中よ!!
早く出しなさいよね!

[クラード]
あ~っ、多分無理...今、家族居るから。
(そう、袋から出せないのは、俺の助手万子は、エアドールだからである。
エアドールが分からんだと?
過去のブログを読んでくれ!
大きな声では言えないのだが、...
旧式ダッチワイフなのである。)

う~ん、今回は袋の中で我慢してくれ。

[万子]
も~っ、仕方ないわねぇ!
また、ネット上から写真を拾って来れば良いのね!

[クラード]
ありがとう、助かるよ。
お詫びに今度、空気入れてあげるから!

ポルトガル語を話す国、ブラジル!
ブラジルで有名なダンス、ランバダ!!

イメージ 2

俺はランバダを踊った事がある!

コインランドリーで洗濯中、やることも無く店内の雑誌を読んでいると、一人の女性が声を掛けてきた。

[ブラジルの女性]
やることが無くて退屈ですね!
もし良かったら私とランバダを踊りませんか?

[クラード]
えっ?今ここで?このコインランドリーで?...ははは、無理!ご免なさい!

ダンスは苦手で踊れません!

[ブラジルの女性]
ブラジルの国では、女性の誘いを断ることは、大変失礼なことなんですよ。

踊り方は私が教えますから。

[クラード]
じゃあ、洗濯物が乾燥するまでの時間で良ければ。

(そして俺は華麗に踊る)

イメージ 3

(写真はイメージです。)

そして次の週、同じコインランドリーで。

[ブラジルの女性]
ボサノバを一緒に踊りませんか?

そしてさらに次の週!

[ブラジルの女性]
サンバを一緒に踊りませんか?

(気が付けばコインランドリーが、ダンス教室になっていた。)笑

ブラジル人の友達が沢山出来た俺は、
その他にヌンチャクを習いました!

クラーディス、ヌンチャクを振る!!のタイトルで、Twitterに動画をUPしました。
興味のある方はそちらをご覧下さいませ!
(ブラジル流のテクニックが分かりますよ。) 注意:現在は動画を削除しているので、観ることは出来ません。

ブラジルの女性に話す話題が思い浮かばず、ブラジルで有名なものを考えたら、
サッカーとカーニバルぐらいだったので、ブラジルって確か、リオのカーニバルが有名だよね!

イメージ 6


と、話題をだしたら...

[ブラジルの女性]
リオのカーニバル?って、反応がきた。

イメージ 4


[クラード]
リオデジャネイロのカーニバルなんだけど...知らないの?

[ブラジルの女性]
ん~っ、私は知らない、聞いた事がないわ。

ブラジルは国が広いから、アマゾンの奥にでも行けば、そう言うのも有るかもしれないわね。

[クラーディス]
ブラジルの何処に住んでるの?

[ブラジルの女性]
リオデジャネイロよ。

[クラード]
はぁ?.........。

嘘でしょう!?なんで住んでて知らないの?TVで紹介してたの観たことあるよ!
皆で踊ってるお祭りみたいなヤツなんだけど、...。

まさか俺今、変なこと言ってるの?
カーニバルって何?

[ブラジルの女性]
人食人種のことよ!

確かに人食の儀式で、お祭りみたいに皆で踊るみたいだけど。

イメージ 5

(彼女の頭の中のイメージはこうでした。)

[クラード]
じゃあ、セクシーな格好のお姉さんが踊ってるヤツは、なんて言うの?

[ブラジルの女性]
あれは(カーニバル)じゃなくて、(カーナヴァウ)って言うのよ。

[クラード]
ああ、発音なんだね。
アメリカ人に[コーヒー]と言って通じないのに、[カフィ]って言うと通じるヤツと同じ事なんだ!

名前だって格好良いいのが多い。

[ローザ]...皆様、何か分かりますか?

フフフッ、実は(薔薇)なんですねぇ!

英語で(ローズ)花の名前ですが、ブラジルでは人の名前に使う事が出来るのです!

[リンダ]って名前はよく耳にしますが、意味を知っていますか?

(綺麗)だそうです!

産まれたときの第一印象が、綺麗だったのでリンダと名付けたといっていましたね!

名前の呼び方だけで、体格まで解ってしまうのも面白いところです!

例えば[リンダ]の名前で説明すると。

小さいリンダさんは、[リンジィンヨ]

大きいリンダさんは、[リンドーナ]

太ったリンダさんは、[リンダウン]

リンダさんに好意があるなら、[リンジィンア]と呼びます!

発音も要注意!(呼び方編)

[クリスティーナ]は[クリスチーナ]

[シンティア]は[シンチャ]と発音し、呼びします。
俺は、クレヨンしんちゃんと呼んでましたけど。(笑)

日本の名前でも使えますよ!
ブラジル人って、日系人が多いですからね。

[一枝]さんを可愛く呼ぶなら[カジンヤ]か[カジンア]ですよね!

今度は、男性の名前で説明しますね。

[ロベルト]は[ホベルト]と発音して呼びます!

好意があるなら、[ベッチニヨ]と呼んでくださいね。

以前[ロベルト]さんと仲良くしたいので、親しく呼ぶにはどうすれば良いの?
と、周りの友達に尋ねた時に、[ベッチニヨ]と教てもらいました。

......教えた奴許さん!

本人をそう呼んだら、一歩後退して(クラードさん、私のこと好きなの?)と、一瞬乙女の目になったぞ!!(笑)

後はこんなのがあります。

[リカルド]は[ヒカルド]

[アレックス.アンドレ]は[アレシャンジ]

ローマ字読みしないのが特徴でしょうか。

後、性別で変化する言葉が特徴的ですかねぇ。

例えば、(ありがとう)の言葉は、日本人なら男女問わず(ありがとう)ですよね!

ブラジルでは、男性だと[オブリガード]

女性だと[オブリガーダ]になります。

そんな言葉は多数存在します!

使い分ける必要あるのでしょうか?

それに、辞書等のポルトガル語は全く通じないブラジル人!(ポルトガル語翻訳ソフトも通じません)

ポルトガル語モドキなんですねぇ!
ブラジル語と呼んでも良いと思いますよ。

[ブラジル系ポルトガル語]の表現が良いのかも知れませんね。

ブラジル人に通じる言葉はポルトガル語ではなくて、スペイン語の方がまだ理解出来るそうです!(言葉が似ているそうです。)

この説明で合っていますでしょうか?
芸能人のマルシアさん!

イメージ 7

本名:大鶴 一枝(おおつる かずえ)さん。旧本名:マルシア.一枝.西家

この頃一番輝いている時期でしたね。

娘さん大きくなりましたね!

イメージ 8

弥安(ビアン)さん、お父さんにそっくりですね。

イメージ 9


もっと小さい頃も知っていますよ。
写真を拝見しましたから。

そう言えば一枝さん、サンパウロのお母さんから家に(クラードの家)に電話がありましたよ。

クラードと貴女の繋がりは[(大渡)大塚ローザ]さんなんですよ。
私の親族とマルシアさんのお母さんとは、お友達だったりします。

デビュー前にブラジルでよくカラオケに行ったそうですね。

後に、一枝さんのブラジルの自宅に遊びに行った時に、一緒に写真を撮りましたね。
その時に娘(ビアン)さんも一緒でした。

後、部屋にピアノがあるのが、印象的でしたね。

一枝さんがスカウトされて日本に行く時に、貴女のお母さんは、日本に娘を奪われるみたいだと、寂しがりました。

サンパウロでレストランを経営していますが、日本からテレビ局の取材で、マルシアさんの自宅を取材する事があるので、貴女が恥を掻かない為に頑張って綺麗な部屋を維持しています。

そんなお母さんを大切にしてくださいね。

これ以上は記事を控えますね。
所属事務所のワタナベエンターテーメントに、記事を削除されると困りますので!

あっ!話が脱線し過ぎましたね!
続きは次回のブログに書きます!

それでは、また!お楽しみに!!

クラードこと、クラード クラーディスです!

実は私、昔イラストや漫画を描いていたのですねぇ。

フフフッ、開かずの引き出しの封印を、今日解きました。
(ただ、開きにくい引き出しを開けただけ。)

すると、全て捨てたと思っていた、昔に描いたイラストが、数点出て来たので紹介しますね。

おお、懐かしいぜ!
殆んどゴミの様ですが、これだ!

イメージ 1

アニメーターに成りたかった!

でも成れなかった...。

少女漫画家を目指した!

イメージ 2


[ひがき みゆき]の名前で、漫画を描いていた!

イメージ 3


男の僕には、無理が多すぎてダメでした...。

イラストレーターならどうだ!

イメージ 4


この頃は、スクリーントーンを貼ることが大好きで、全体に暗いイラストばかりになって、挫折した...。

漫画家なら、四コマ漫画でもいいかも!?と、直ぐに立ち直った!

イメージ 5

イメージ 6


自分の漫画ネタが、少しエッチだと気付きはじめた!

漫画家に成れるなら、別にエロ漫画でもいいかも!と、思いはじめた!

漫画はお見せ出来ないが、その次期のイラストは、充分エロかった!!

イメージ 7


イラストに色えんぴつで、色を塗ることが大好きになったが、....。

イメージ 8


イラストは、エロイイ!!と評判になり、クラスメートによく描いてプレゼントしていました!(笑)

クラスメートにプレゼント!?
何歳の時に漫画描いてたの?

中学生から高校生の時ですけど。
どんな顔して描いていたのかって?

こんな顔でしたけど、いけませんか?

イメージ 9

生徒手帳の写真が、白黒!
時代を感じます。

僕の描く絵が可愛いと、応援する男子生徒!
いつの間にか、絵を描く僕が可愛いと、応援する男子生徒!

気持ち悪いぞお前ら...。

何故か、男子生徒に可愛い!と言われていた。(止めろ!僕は女の子が好きなんです!)

お前、アイドルに成れるかも!と、言われた事を、親に笑って話したら!

親がその気になって、オーディションに応援したのだ!

何故か、見事に合格!!

イメージ 10


そして僕は、アイドルグループのジャニーズを目指す...。

目指すはずないでしょう!
歌より、芝居の方が好きなんですから!そして僕は、俳優に路線変更し、再びオーディションを受けることに、...。

すると、何故か、見事に合格!!

イメージ 11


この俺が、俳優!?

イメージ 12

残念でした!
顔はお見せ出来ません。
大体の雰囲気で、想像してくださいませ!

左の黒い上着の男が、私である!

そして現在は、ただのドールブロガー
のクラード.クラーディスで、満足した日々を過ごしています。

人に、歴史有りです!
自分の可能性を試せ若者!無限の可能性が有るうちに...。

それでは、また!

初めまして、クラード.クラーディスと申します。

いつもは、男性向きのブログを書いています。

女性の読者様が、私のブログに訪問してくれているのかは、分かりませんが、今回は貴女宛てにブログを書きますね。

私もそうなのですが、ブログではいつも仮面を着けています。

実体のマスクでは無くて、心の仮面です。

いつもは、クラード.クラーディスの仮面を被っていますが、今日は少しだけマスクを外して御話ししますね。

実は私、最近体調があまり良くありません。

血尿が予想以上に酷いのです。

女性の方は、毎月生理があって大変だと心から思うようになりました。

私の場合は、膀胱内に血液が溜り、その血液が固まり、尿道を塞いでしまいます。

自分で排尿出来ないのです。

人間が排尿しないと、体の中の毒物(尿と一緒に体外に出している有害な成分)が溜り、行場の無い有害な成分は、また体が吸収してしまい、血液と共に身体中を流れ、死に至るそうです。

酷い時は病院で、尿道に管を通してもらい、排尿しています。

最近は自分の死を受入れながら、生きています。

自分の人生をやたら振り返る時間が出来ました。

私が自分の人生で、残念に思うことは、私を心から愛してくれる女性に、めぐり逢うことが出来なかったと言うことです。

きっとこの気持ちを抱えたまま、お墓に入るのだと思います。

それでも決して惨めな人生ではなかったと思っています。

決して恋愛に、発展することはないのですが、私を必要としてくれる人(素直な命)が、現在そばに居るからです。

私はその命を守っています。
守って行きたいです。
これからも、死んでからも。

今現在も人間と言う、生き物の私。

人が人生で1番美しく輝いている時は、誰かを好きでいること、好きであること、人を愛することだと、私は考えています。

最近アダルトグッズを使用して、等身大のドールの記事を書いてます。

純粋に、メイク技術で美しくなるのか?を、試してみたいからです。

私が紹介しているフィギュアも、全て女性です。

私にとって女性は特別な存在です。
素直に綺麗だと感じます。
とても眩しいです。

エアドールのブログ写真を撮影する為に、ドールを両手で抱えて部屋を移動したのですが、その時自然に抱き締めた格好になり、少し緊張...。

その瞬間、私に走馬灯の現象が起こり、驚きました。

普通は死を覚悟した瞬間に去来すると言われる、目ぐるめく過去の記憶が、頭の中に甦り、心から愛していた彼女のこと、
忘れていた気持ちを思い出した...。

そう、初めてのデート、誕生日、クリスマス、楽しい時も悲しいときも、俺は、いつも一緒にいたっけ...。

そして、初めて彼女を抱き締めた時の臭い、そう、髪と首すじの臭いがした。

そう、この臭いだ、...臭いを感じてる。

忘れていた、ずっと忘れていたのに...。

そして、少し涙が出た。

もう彼女のことで、泣かないと決めていたのに...。

泣き虫だ、俺...。

走馬灯って、凄いよ、...過去の記憶が臭いまで甦らせるのですから...。

実は私、昔、曲を作ってました。

女性の気持ちで歌詞を書いています。

誰にも贈ることが無かった曲ですが、
今このブログを読んでくれている
貴女へ、プレゼントします。

曲名:ROUGE

作詞:クラード

作編曲:クラーディス

一人暮れかかる都会のShow Window
ガラスに映る姿 立ち止まる私がいる
そんな目をしないで 笑顔を取り戻そう
自分に言い聞かせる 素顔は幼くて

あなたの好きな色で 微笑んでた唇
次は誰の為に色を替えればいいの?

*街を染め上げる空のルージュ
沈む夕日見つめてる
時がつくり出す闇の中へ
私一人閉じ込めないで...

通り過ぎるから景色は良いものなの?
出逢って別れて行く人もそれと同じな の?
急に冷たくなる貴方のそんな仕種を
私の気のせいだと思っていたかった

あなたの好きな色が微笑みを無くすま で
私だけを守ってくれると信じてた

[他に好きな人が出来た...]と
別れ際にそう言った
あなたサヨナラを告げた今も
同じ色を連れて歩くの?

*Repeat


はい、曲は以上です。

歌詞が解り難いので、簡単に説明しますね。

恋人と別れた女の子が、街を当てもなく彷徨っていると、デパートのショーウインドーのガラスに、自分の姿が映り込みます。

おしゃれ(化粧)をする気持ちにはなれなかった。
いつもは彼氏の為に、彼に似合う女になる為に、大人の女性を意識したメイクをしていました。

ガラスに映り込んだ、スッピンの顔を見て、[これが私の顔...なんて表情をしているんだろう]と、少し幼い顔と背伸びをしていた恋に気付き、元気の無い自分を励まそうとします。

ふと、空を見ると夕日が目に入ります。
ピンク色ではなくて、少し赤が濃い色です。オレンジでも無く、沈む直前の色です。

それは、彼氏のお気に入りの口紅の色。
デートの時はいつも塗っていた色。
1番笑顔になれた色です。
そして、別れてしまった今は、もう必要の無い色。

気が付けば夕日は沈み、夜の世界です。
一人でいることに、少し恐怖を感じますが、もう肩を抱いて歩いてくれる、彼の姿はありません。

日が変わり、今日はとても良い天気に!失恋を癒す為の一人旅行をすることにした。

電車の窓から、景色を眺めていたら、彼の車の助手席から観た景色を、ふと思い出した。

適当に走った田舎町です。
彼が申し訳なさそうに、ドライブをしていたので、彼の隣から観る景色(隣に居られる幸せ)を、綺麗だと口にしたら、

きっと、流れて行くから、通り過ぎて行くから、良く観えるのだと彼が言った。

別れがあるから、これから訪れる出逢いに期待したい。
私、...次は誰の為に唇の色を替えるのだろう。

別れた彼は今でも、あの色が好きなのでしょうか?
そして新しい彼女も、あの色を塗るのだろうか...。


と、言う内容の歌です。

貴女へのメッセージは、悲しみに負けないで!
彼の好きな色になるのではなくて、
貴女の好きな色を愛してくれる人とめぐり逢いますように...。

そして、幸せを掴み取れ!!...です!

人生は後悔ばかりです。
後悔の無い人生はたぶんありません。
貴女に必要なものは、自分を信じてあげる心だと思います。

私は写真の無いブログは、詰まらないと思っています。

このブログに写真はありません。

そして私は、また仮面を着けます。

クラード.クラーディスの心の仮面です。

今日は本当にありがとう...。

このメッセージが貴女の心に、届きますように。

こんにちは、エアドールのアイドル的存在、立花 万子です!

え~っ、またこのタイトルなの?
万子、詰まらないよぉ。

[クラード]
何が詰まらないって!
私のブログをサポートするんじゃなかったっけ?

[立花]
そうは言ったけど、このタイトルでは話す内容がそんなに無いんだよね。

[クラード]
おい万子、ちょっと聞いていいか?

[立花]
何よ改まって。

[クラード]
読者の皆は万子のクローンを、作りたいと思っているかどうか、実はめちゃくちゃ気になるんだけど、お前どう思う?

[立花]
そうねぇ、クラード次第じゃないかなぁ。

皆が欲しくなる様な作品を、作成する必要があると私は思うけどなぁ。

[クラード]
俺は少し嫌かな、万子の顔に整形メイクするの。

お前にはお前の魅力があると俺は思ってるよ。

[立花]
く、クラード?大丈夫!?

[クラード]
何が?

[立花]
今、自分のこと俺って言ったんじゃないの?...まさか、本能が目覚めたんじゃないでしょうね。...きゃ~っ!私に[ズプッ!]ってする気じゃないでしょうね!

[クラード]
バカ、やらねぇよ!
万子が自分のことを私表現して、俺も自分を私と表現したら、会話のリレーがややこしくなるから止めたの!...ok?

[立花]
うん、...解った。

[クラード]
そう言えば、俺が万子の服や靴のサイズをどうやって、間違えないで購入出来たと思う?

[立花]
そうだよね!サイズ計る時間全然なかったもんね、あれには真剣に驚いたわよ。

[クラード]
読者の皆も驚いたかなぁ?どう思ったんだろう?

[立花]
きっとクラードさんって、女装趣味があって、女性ファッションやメイク方法に、詳しいんだなぁ...なんて、思ったんだと思うわよ。

イメージ 1


[クラード]
マジかそれ!万子、お前の発言は、読者が信じる危険性が高いから、それ以上言うのを止めろ!

[立花]
そんな事より、そろそろ次のブログ内容を、二人で決めましょうよ!

{ピンポーン!}

[立花]
誰か来たみたい。...クラード出て!

[クラード]
了解!......マジ?
俺に荷物が届いた!

何だろうな?これ?

イメージ 2


{パカッ!}

[立花]
何よこれ!

[クラード]
完全に忘れてた。
マズイな、今、家族が居るから画像をUP出来ない!...万子頼む、お前のイメージで良いから画像を拾ってサポートしてくれ!

[立花]
了解!...中身はこれね。

イメージ 3

でもなんでもう1つ購入したのよ。

[クラード]
何が配達されるか分からないガチャポン商品だから。
もしもの時を考えて、購入してたの忘れてた。

{ピンポーン}

[クラード]
また何か荷物が届いた!中身は何だろう?

イメージ 4


[立花]
馬鹿ねぇ、また中身これじゃないの!

イメージ 5


[クラード]
ガチャポン商品だから、安全を考えて購入したんだと思うけど?

[立花]
ちゃんとしなさいよ、自分で購入したんでしょう!

{ピンポーン}

[クラード]
また荷物が、...。

イメージ 6


[立花]
クラードって馬鹿なの?なんで中身がこればかりなのよ!

イメージ 7


[クラード]
思い出した!実は俺、欲しいエアドールの顔があって、あっちこっちに手配したんだった!
因みに欲しいタイプはこれだ!

イメージ 8


{ピンポーン}{ピンポーン}{ピンポーン}{ピンポーン}{ピンポーン!!}

[立花]
もぉ~っ、ピンポンうるさい!!
クラード何とかしなさいよね!

[クラード]
うぉっ、何故こんな事に...。
俺いつの間に、こんなに沢山注文したんだろう?

イメージ 9


[立花]
ここまできたら、ただの変態じゃないわね!

F15、百五十機!

イメージ 10


[クラード]
何だよそれ!?

イメージ 11

[立花]
大変態!!(大編隊)

[クラード]
アホかお前...。

[立花]
こんなに買っちゃって、部屋が狭いじゃないの!

イメージ 12


[クラード]
仕方ないだろ、目的のダッチをゲットする為なんだから。

[立花]
愚か者にはお仕置きを!!

[クラード]
うわっ、やめろ万子!揺するな!!ダッチが崩れ落ちるだろう!

うがぁっ!

イメージ 13

助けてくれ!

[立花]
馬鹿ねぇ、ダッチに埋もれて死ねばいいのよ!

[クラード]
馬鹿はどっちだ!
万子、お前はなんでこんな写真しか探して来れないんだ!

[立花]
だって、クラードが私のイメージで良いからって、言ったじゃない!
万子は悪くないんだからね、サポートも完璧だったし...。

[クラード]
もういい、お前に頼んだ俺が馬鹿だったよ。

万子を含めて、エアドールの購入数は全部で4体だ!

この現実からは、流石に逃げられないようだから、しばらくはダッチをネタに、ブログを書こうと思う。

タイトルは、...。

[立花]
タイトルは、(早くラブドールになりたい!!)が、良いわねぇ!
妖怪人間のパクリですけど...。

[クラード]
確かに人間にはなれないから、仕方ないけど。
俺、ドラマの最終回観てないから、最後どうなったか、知らないけど...。
仮タイトルで考えとくから、それで良いか?

[立花]
うん!

それで皆様、お楽しみに!
じゃあね、バイバイ!

↑このページのトップヘ