2018年07月

前回のブログでメイクを完成することが出来ました!

今回はそのお披露目会的な内容になります。

もう一度メイク前の写真から紹介します。

イメージ 1


そしてクラードの本気メイクの完成がこちらです。

イメージ 2


メイクは完成していますが、前髪がねぇ…。

なんてね!

降ろせるから問題ありません(笑)

イメージ 3

皆様、どうでしょう?

自分的にはかなり満足してます。

後悔はありません。

【中島 絢乃】師匠!今度こそ勝負です!

イメージ 4


マジですか…まさかの同じ顔!!

まぁ、中島師匠のアドバイスで師匠の顔にメイクしているのだから、当たり前と言えば当たり前なんですけどね。

要するに、整形メイク本に書いてあることは事実であり、メイクの力だけでこの写真の様な変身をすることが可能だと、私クラードが実証実験した結果となりました。

イメージ 6


今回は引き分けと言うことでお願いします!

今回のブログが面白かった人は、次回も面白いと思います。

何故なら、次回は【整形メイクVS美容整形】のバトルブログですから。

説明すると、この写真の整形手術前の写真をクラードが本気で整形メイクをし、何方が可愛いか競うと言う内容です。

イメージ 5


次回もお楽しみに!

それでは、また!

前回のブログでメイクアプリチャレンジで失敗し、敗北してしまったクラードだったが、今回リベンジすることにしました。

何処がダメだったのか、もう一度写真を視ることにしました。

イメージ 1

ん!これだ!ここだったか!!
すっぴん時本人が気にしている改善ポイントを発見!

イメージ 2

ここにも改善すべき点が思いっきり書いてあるではないか!

イメージ 3


そして【中島 絢乃】師匠の改善策のありがたいお言葉が…………。

イメージ 4


写真参考だけで適当にメイクしたのではメイク本の本当の力を発揮出来ないのだ!

ワンクリックで手軽にメイクが出来る、アプリに頼り切ったことが最大の敗北原因だったのである!

だから今回は、……フフフッ!

朝からパソコンの前で頑張ることにしました。

イメージ 5

とても古いパソコンなので(XP)、中々立ち上がらないので面倒くさいですが、
お気に入りの写真編集ソフトが入っているのだ!

メイク本の他のページに書いてある細かなメイクポイントを、忠実に再現してみたいと思います。

クラード本気モード突入!!

先ず顔の上にある黒いラインと問題点の表示がありますよね!

イメージ 6


邪魔なので消します!

イメージ 7


流石パソコン!神ソフト!
そして下写真の完成だ!

イメージ 8


先ず簡単に唇を好みの色にメイク!

イメージ 9


ピンク系は年齢を若く見せるので、今回はこの色を選択しました。

イメージ 10


メイク工程が細くなりすぎる為、ファンデーション等の説明は省略しますね。

そしてチークです。

イメージ 11

分かりやすく少し濃いめに塗りましたが、全体写真では調整します。

イメージ 12


そしてメイクで一番大切な場所、目とその近辺のメイクです。

イメージ 13


メイクの殆どを目に集中します。
綺麗な女の顔の85%は目のメイクの完成度で決まってしまうからなんです。

眉毛を髪色に合わせてメイクします。

次にまつ毛を貼ります。
整形メイクでは下まつ毛が大切!

イメージ 14

これだけでもかなり目付きが良く見えますよね。

そしてアイライン。

イメージ 16

実際のメイク道具で私が苦手なのが、液体のアイラインでした。
私はペンシルタイプを使用しています。
(女装の為ではありません。普段実際の女装にメイクすることがありますから)

二重まぶたを強調します。

イメージ 15


実際にメイクする人はすでに気付いていると思いますが、実際のメイクとは化粧する順番が異なっています。

写真でメイクを表現する上で、最も美しく仕上がる順番になつていることをご了承くださいませ!

瞳にカラーコンタクトを表現します。

イメージ 17

カラーコンタクトには3つの役割りがあります。

(1)瞳の色を変える
(2)白目と黒目との境目のぼやけをはっきりと分け、クッキリした目付きにする。
(3)黒目のサイズを変更する。

この中で今回意識するポイントは(3)のサイズアップです。

人には黒目のデカイものを凄く可愛く思う潜在意識があるからです!

例えるなら、子犬や赤ちゃんの瞳がそうです。
観ている相手の心をキュンとします。

イメージ 18

イメージ 19


どうです、可愛いでしょう。

次にアイシャドウを入れます。

イメージ 20


以上でメイク完成です!

次回のブログで全体写真を紹介しますね。

お楽しみに!

それでは、また!

いよいよクラードのメイク対決ブログが始まります!

以前メイクアプリで写真にメイクを試したのですが、………その時の写真です。

「メイク前」

イメージ 1


「メイクアプリ使用」

イメージ 2


「メイク前」

イメージ 3


「メイクアプリ使用」

イメージ 4


結果は敗北でした。(笑)

その時はメイクアプリとは全く違う方法の成長シュミレーションで、美人の成人女性へと進化させることで、無事にブログは終了しましたが、今回はさてどうなる?

イメージ 5


今回は【中島 絢乃】さんとメイク対決をしたいと思います。

イメージ 6

中島さんとは、この本の読者モデルなのだ!

イメージ 7


このページの………

イメージ 8


彼女です!

イメージ 9


めちゃ可愛いのだ!この彼女のメイク前の写真に私がメイクをして、本人の整形メイク後の写真と競うと言うのが今回の対決企画なのである!

イメージ 10


先ずメイク前の中島さんの写真を準備。

イメージ 11


メイクは目が命なので、そこを注意しながらメイクしたいと思います。

イメージ 12


クッキリはっきりした瞳は、目力となって見る者を魅了するのです。

新しく改善されたメイクアプリで早速メイクしました。

イメージ 13


眉毛もメイクします。

イメージ 14


さて、完成した全体写真がこちらです。

イメージ 15


それでは気になる御本人のメイクと比較したいと思います!

イメージ 16


うがぁぁぁぁぁっ!完敗しました。(笑)

しょせんアプリでは中島師匠には勝てないか………

やっぱり中島さんは凄いな!
私が師匠と呼ぶだけあって、正にメイクの達人!

神ですな。

師匠!リベンジお願いします。

次回は師匠から伝授されたメイクテクで、勝負しますから!

「次回予告」
又してもメイクアプリにて敗北してしまったクラードだったが、整形メイクテクで今度こそ真剣勝負をするのであった。

勝負の勝敗はどうなる?

勝利の女神はどちらに微笑むのか?

気になる方は、次回をお楽しみに!

それでは、また!

女性が綺麗に変身するメイク方法を日々研究している私、クラードです。

人には多かれ少なかれ変身願望が存在します。

私もその一人です!

私の場合は、イケメンになりたい訳ではなくて、ヒーローに変身してみたいのです。

イメージ 1


そして子供達と握手会するのが夢だったりします。

女性の場合は多分、普段とは違う別の生き方が出来るもう一人の自分…

そう、シンデレラみたいに普段やれない事を行動に移すことを可能にする為の変身を夢みてるのではないでしょうか?

それがメイクであり、変身魔法なのである。

自分を美人だと思っている人は問題無いのですが、そうでないなら整形メイク方を私はお勧めします。

整形メイクは美容整形に負けることのないテクニックであると私は思っています。

それでは美容整形と整形メイクを写真で比較したいと思います。

先ずは美容整形(整形手術)

イメージ 2


続いて整形メイク(メイクテクニック)

イメージ 3


どうです?

どちらも美人に変身できますよね。

整形手術って、二重まぶたにするだけで約20万円もの費用が掛かるとか、よく聞きますが、整形メイクならバンドエイドがあれば可能だったりします。

イメージ 4


バンドエイドを使用して、永久二重まぶたをつくる方法等も紹介されていたりするメイク方。

どちらが安くてどちらが痛くないか、誰だって解りますよね。

可愛くないと思っている貴女!

【欠点は責めるものではなく、利点に変えていくものです。】

以前友達の送別会でキャバクラに行った時の話しなのですが、そこのキャバ嬢が昼と夜と仕事を掛け持ちしていると言っていた。

キャバクラのことは会社の人にはもちろん、親兄弟、友人、彼氏にも秘密なんだって。

もしお客でお店にきたらヤバイんじゃないの?と、話しかけたら…

「キャバ嬢」
実際にお客に来たことがあるけど、バレなかったよ。

私、絶対にバレない自信があるから、大丈夫!

などと自信満々なのである。

普段の服装、話し方、メイク方法の全てが別人らしいのだ!

昼間の会社とは、自分でも想像もできない夜の姿と性格を楽しんでキャバ嬢をしているそうです。

今考えるとそのキャバ嬢、多分整形メイクの達人だったんじゃないでしょうか。

私が言いたいのは、美人の自覚が無いのなら、冴えない自分と輝いている自分の、二人分の人生を楽しめる素質の持ち主であり、生まれつき美人や整形美人では楽しめない世界を満喫できる選ばれし者だと自覚して欲しいのである。

シンデレラ現象

「昼の顔」

イメージ 5


「夜の顔」

イメージ 6


その両方を使い分けるのだ!

メイク本は盛れるメイク(整形メイク)と盛らないメイク(すっぴん風メイク)
が存在します。

こちらがすっぴん風メイク本です。

イメージ 7


少し中身の紹介

イメージ 8

良いでしょ!

イメージ 9

こう言って世の中の男どもを騙してくれ!!(笑)

次回からメイク対決をしますので、興味のある方はお楽しみに!

それでは、また!

さて、実際に起きてない出来事(妄想)を写真の中に具体化して行きたいと思います。

以前にも記事にしたのですが、ドールと生活していると、この子ってどんな顔して笑うんだろう?…

と、笑顔を想像、いや妄想してしまうことがあります。

それでは先程の無表情なドールを自分好みに妄想してみたいと思います。
「実際の写真」

イメージ 1


「頭の中の妄想写真」

イメージ 14

「微笑んだ顔を妄想」

イメージ 2

「笑った顔を妄想」

イメージ 3


この様に頭の中の妄想を具体化して行きます。

【時をかける熟女】のタイトルで紹介した熟女ドールの若返り写真を笑顔に妄想!

「現実写真」

イメージ 4


「連続妄想」

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


この妄想テクでドールとの想い出を美化して行きます。

「ドールと外出した時の想い出写真」
(イメージ画像です)

少しドールと会話してみますね!

【クラード】
やっぱり俺と二人だと退屈なの?

イメージ 8


【ドール】いいえ、全然そんなことないから、気にしないで!

イメージ 9


【クラード】
どうしたの?何考えてるの?何か悩みごと?

イメージ 10


【ドール】
あっ、もしかして心配した?大丈夫!何でもないから…(頭痛を心配させない様に振る舞う健気な彼女)

イメージ 11


【クラード】
初めての外出で疲れたね、そろそろ帰ろうか。

イメージ 12


【ドール】
うん、少しだけ疲れたけど…でも大丈夫。
今日は楽しかったよ、ありがとう!

イメージ 13

なんだかそんな会話をした気分になりませんか?

そしてドールが意思表示した様に感じられたら、表情のある写真のドールのセリフのテンションを、無意識にイメージして、彼女の感情を妄想してもらえるかもしれませんね。

もし共感してもらえたら、とても嬉しいです。

凄く楽しかった想い出へと美化させましたけど、如何だったでしょうか?

以上!モエモエ妄想テクニックの紹介でした。

それでは、また!

↑このページのトップヘ