2018年11月

本当にドールブログを復活させるつもりはあるのか?

そう思っている、万子ファンの皆様!
只今準備期間中でございます。
m(__)m

どんな準備しているかって?

こんな準備です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


本格的には半年後のスタートだなんて、...
読者に忘れられる日数だと自覚しております。

それまで、どうしょうか...俺。

万子の自作ヘッドの作成の進行状況でも、記事にして行けたら良いと思っています。

今回紹介したTPEドールは、激安の47000円です。

自立加工無しだと44500円なので、TPEドールをお試しで購入するなら、お勧めの商品だと思っています。

だけど、マジで重たいですよ!
腰痛覚悟の商品です。
ドールに病院送りにされましたから。
Σ(×_×;)!
トイレに起きるのも苦痛です!
自由に動けません。
正に半殺し状態になりますから!

何故自立加工のドールを購入して、椅子に座らせてるかって?

自立させる体力など、着せ替えた後に残らないからに決まってるじゃん!

だから、自立加工は不要な加工!
必要ないから!

TPEドール自立!?
あれは神だけが為せる業で人間には無料です!

どれ程無料かって!?

例えるなら、人類が太陽に降り立つぐらい無料な話しだから!

今俺が1番聞きたくない言葉は[自立]だ!

きっと家にある辞書の[自立]の文字を切り取るか、黒く塗りつぶすことだろう。

TPEドールは購入するより、人のブログ写真を観賞しているのが、1番良いのかも知れませんね。

これ、正直な感想です。(笑)

この文章読んで笑ったあなたは、TPEドールの所有者でしょう。

それまで、また!

私、クラードが1番嬉しい検索ワード。
それは[立花 万子]である!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

私が知らないうちに、彼女個人のファンが存在していた事実は、驚きでもあり感謝でもあります。

ですが、残念ながら新しく写真撮影ができる環境を無くしてしまい、彼女の今後の活躍の場をどう展開して行くのか検討中です。

ドールのブログは大きく分けて、2つのパターンがあります。

1つ目はドールがファッションモデルの役割りをして、ブロガーが着せ替え、ファッションショーをするパターンです。
ドールがメインのブログです。
これはブロガーの財力がものを言います。

2つ目はドールが読者やブロガーに話し掛けてくるパターンです。
会話重視のブログで、ブロガーがメインでドールがサポートの役割りをしてます。
これはブロガーの話題性がものを言います。

私のブログはこの2つ目のブログ内容です。

このパターンの問題点は双方の台詞にあります。

例えばこんな感じです。

[クラード]
万子、久しぶり!元気だった?

[万子]
ずっと箪笥の中に居て元気なわけないじゃない。
そんなことより同じ写真の使い回しで、いい加減読者はあきれてるわよ。

イメージ 4


今の会話って読者にどう伝わっているのだろうか?
実はブロガーである私にも分からないのです。

こちらが伝えたい事と読者の解釈が同じとは限らないからです。

あきれた口調で話したのか、普通に話したのか、寂しげに話したのか、少し不機嫌に話したのか...。

又、声のトーンはどうなんだろう?
小声で話したのか、それとも大声なのだろうか?

台詞の文字だけで感情を表現するのは、とても難しいのです。(/。\)ふーっ!

(⌒∇⌒)ふはははっ!今いきなり私の感情を理解できるようになったでしょう!

絵文字効果ですよ!( ̄▽ ̄)ゞ エッヘン!

人間には喜怒哀楽が存在しますから、それをどう表現するかが大切なんです。
(^ー^)ノ そうだよ~。

私のドールブログでの目標でもあり、永遠のテーマでもあります。( ̄0 ̄)/良く言った!俺!

まだ研究途中なのですが、その成果を御覧ください。

タイトル[立花 万子の行く末]

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17


どうでしょうか?
少しは万子の気持ちを解ってもらえましたでしょうか?

笑顔にも種類があります。

楽しく笑うのか、無理しながら笑うのかです。

泣く前の悲しい気持ちになる様子や、泣いた後に涙は止まりますが、目の腫れぼったさは残ってしまいます。

そんな人間らしさを大切にしながら、今後のブログに生かせたら良いと思っております。

これからは読む人が感情移入できるような作品を作って行きたいです。

相手が人形であれ、悲しませるのは正直心が痛みました。(-""-;)反省しています。

万子がメインのブログで、私がサポーターと言った立場を逆転させた新しいブログ内容で展開して行くと思いますので、これからも[立花 万子]の応援を宜しくお願いいたします。m(__)m

それでは新しい万子復活まで、しばらくの間ドールブログをお休みさせて頂きます。ご了承くださいませ!

それでは、また!

今販売されているドールに完璧など存在しない!

どんなドールにも欠点が存在するからである。

アルテトキオEX-Lite

これが我が家の万子だったりします。

このドールの欠点は組立式であり、利点も又そこに存在しています。

このドールは、本体に頭と手足を差し込む方式なので、肌を露出する服装には不向きなドールなのです。
この赤い印しが手足の繋ぎ目です。

イメージ 1


解り易い写真だとこんな接続方式です。

イメージ 2


このドールを初めて購入された方に試して欲しいのは仮組で手足の可動範囲を理解することです。

その為この黄色いチューブを入れずに組み立てて欲しいのです。

イメージ 3

これ入れちゃうと、手足が外れなくなりますから。

手足を取付けるとこんな感じになります。
この時点での問題点は、手の甲です。

イメージ 4

普通の人間が立つとき、手の甲を前に向けて立つでしょうか?

普通手の甲は横を向くはずです。

イメージ 5

意識しないで手の甲を前に向けて立てる人間など存在しないのです。

では何故こんな方向に手の甲を向ける必要があるのでしょうか?

それはこのドールがただの等身大フィギアではなく、ラブドールとして設計されているからです。

壁や床に手をつけた姿勢を維持するためのバックスタイル対策なのです。

イメージ 6


後、マネキン以外の等身大ドールの自立は不安定なので、基本は座らせて保管すことが前提な為、椅子に座ると自然な手の向きになることも計算しているのでしょう。

イメージ 7

この位置で固定したらどうなるのか?
メーカーはひねったり、ねじったりしてほしいらしい。

イメージ 8

スポンジをねじって長時間放置すると、裂や千切れの原因になることでしょう。

ねじらずに負担を減らす可動方法を実現する改造!

今回はそれがテーマです。

このドールの欠点は手足の繋ぎ目です。
どうせ消せない繋ぎ目なら、利点として利用するのです。

手と足の赤色の印しのボッチを切断して排除します。

イメージ 9

イメージ 10

これは接合箇所でのパーツの回転を防ぐ為のピンなのですから、排除すればくるくるとパーツが回るようになります。

そうすることにより、手の甲は横を向き、足は内股を表現できるように成りました。

イメージ 11


腕をねじらずに楽に曲げられます。

イメージ 12


座らせても手の平を自然な位置に回転可能。足はハの字型に開脚出来ます。

イメージ 13


この改造を必要だと思ったら、是非お試し下さいませ!


それでは、また!

少しだけ私の話しをします。

実は昔、ガリガリに痩せていました。

男女に共通することなのですが、体型は恋愛の勝敗に大きく影響します。

太り過ぎは異性からモテませんよね。
そのため女性は必死でダイエットをします。

世の中デブよりは痩せている方が良いと言う人が沢山居ますが、痩せすぎは太り過ぎと同レベルで全くモテないのです。

結局、普通が一番良いのです。

給料が安くて、手取りで10万円でした。
家賃が3万円で車のローンが5万円、保険料が2万円でした。

合計10万円...毎月給料日に破産ですよ。(T_T)

光熱費や電話代を払う為、会社の仕事の他に不規則なアルバイトですよ。(日雇)

月1万円ほどのバイト代で、光熱費と電話代(洗剤、トイレットペーパー、石鹸やシャープ等も含みます)を払うとポケットに300円ほど残りましたね。

その300円が私の食費でした。

1ヶ月を300円で生きるサバイバル生活です!

バイトがない休日を全て寝て過ごしました。

空腹を忘れる為の手段でした。

会社では昼にお弁当を給料引き落としで食べれましたから、1日1食は確保していましたが休日は食べる物がなにも無いのですよ。

ゴールデンウィークや盆休み、正月休みは地獄でした。

水を飲んで生きていましたよ。(T^T)

飲料水もお風呂の水も、水道メーターが回らないギリギリの蛇口をひねり、水滴をたらして溜めていましたから、お風呂は3日に1回お湯を沸かす最低ラインの量を溜めるのが精一杯。

のどが乾いてから水を飲めるのは何時間も先の話で、このまま死ぬんじゃないかと思ったりもしました。

テレビも冷蔵庫も飾りの電化製品...
部屋の明かりも蛍光灯は外して豆電球での生活...月明かりの方がよっぽど明るいんじゃね!?( -_・)?

そう思ったら真夜中の公園に意味もなく出掛け、ブランコに座りながら月を見ていた。

最悪の生活...そして最低の人生...転んだら立ち上がれない程痩せてしまって、今俺にどんな奇跡が起これば幸せだと思うのだろうか...。

明日300円で宝くじでも買おうかな...
お金かぁ...お金より彼女が欲しいよなぁ...。

そうだ俺、彼女はが欲しい!
こんな最低な生活でも彼女が居れば、俺は幸せなんだと思う。

俺はポケットの300円を握り締めて、彼女を作ることを決意したのだった。
(笑)

金のある奴に女が寄るのは当たり前!
でも、破産したら女は逃げてしまうだろう。

都合が良いことに、今俺の全財産は300円だ!
...もし彼女が出来たとして、今がドン底だから金が無くなって逃げたりはしないだろう。

正に俺が求める、お金に左右されない本物の女だ!!

だが問題は俺だ!...俺自身に魅力の欠片すらないのが難点。

ガリガリだから、周りの人には馬鹿にされている。

例えばこんな感じだ。

[蟻人間]蟻の様にウエストが細いからなんだけどね。

[ミイラ男や骨皮 筋衛門]
顔の表面から中の頭蓋骨の形状が分かるほど痩せてるから、ホラー系男子と呼ばれても仕方がないと自分でも思います。

こんな醜い自分を異性に売り込むにはどうすれば良いのだろうか...

フフフッ...大丈夫なんだなぁ~それが。

自分のことを誰よりも理解している無敵の存在...マネージャーが居ますからね!

俺が芸能人なら、それを売り込むのはマネージャーの仕事でしょう。

誰にでも存在する自分専属のマネージャー...それは、自分を知り尽くす自分自身。

俺の中のマネージャーが痩せすぎた外見を逆に、個性として売り込み始めたから大変です。

今まで馬鹿にされていた体型を全て受け入れ、ギャグネタとして異性と話すところからスタートしたのだ!

話し方のポイントは、日常会話にほんの少し痩せネタを入れると言う単純な方法ではあったが、効果は覿面で蟻がフラフープをしたらどうなるのか!?とか、毎朝必ずお湯を注いでから出勤しているとか...まぁミイラですからね...インスタント人間ですよ。(笑)

過去の悪口も豊富な話題へと変化して、ネタとジェスチャーでお笑いタレント並みの人気者になりましたよ。
(^-^)v

俺が痩せていることを気持ち悪く言う人は居なくなり、痩せていることは普通であると進化を遂げたのだ。

そして運命の日が訪れた!

あの頃の俺は晴天に関係なく、折り畳み傘を鞄に持ち歩く習慣があった。

電気代節約のためテレビを観ないからその日の天気が分からないのだ。(笑)

それに観たところで、当時の天気予報は今より正確ではなかった。

その日は午後から急に雨が降り出し、傘を忘れた連中はしばらく雨宿りだ。

手持ちの傘は一本で、雨宿りしている人達全員を入れてあげられない...困ったな俺。

その内に雨が止むのを待ちきれなくて、男どもは鞄を頭に乗せて街へと走り去って行った。

すると一人の女性だけがそこに残った。

雨が止むのを待って、空を見ながら立っている姿に思わず声を掛けてしまった...。

[俺]
雨宿りですか?ちょっと今日の雨は激しいですね。

[女性]
そうなんですよねぇ。もうちょっと弱まれば私も走って帰るんですけど...。
友達の誕生日プレゼントがあるから濡らしたくなくて...。

[俺]
成る程...俺に良い考えがあるよ。

[女性]
どんな方法ですか?

[俺]
そんな時は、傘を使うのさ!

(そう言って鞄から傘を取り出した俺。)

[女性]
でも、そんなことしたら貴方も濡れますよ。

[俺]
誰も一緒に入ろうとは言ってないよ。
折り畳み傘は小さいからね。
ほら使って!
(女性に手渡した)

[女性]
貴方はどうするんですか?

[俺]
あぁ俺か、...俺なら大丈夫だよ!
雨に濡れない特技があるから!

[女性]
特技ですか?

[俺]
普段は人前では披露しないんだけど今日は特別にお見せしよう!
俺、痩せているから雨と雨の間を縫うように走れるから...じゃあ気を付けて帰りなよ!

そう言い残し、他の男どもと同じように鞄を頭に乗せて女性の前から走り去った。
そんな俺が、再び彼女と再開するのは意外と呆気なかったりした...

晴天の日に、折り畳み傘を持った女性に話し掛けられたのだ。

[女性]
すみません、人違いだったらご免なさい。
この間この傘を貸してくれた人ですよね?

[俺]
ああ、あの時の...。
そう言えば、プレゼント大丈夫だった?

[女性]
貴方こそ大丈夫でしたか?...雨。

[俺]
特技のお蔭で無事だったよ。

[女性]
私にはずぶ濡れに見えましたけど。

[俺]
君は動体視力が良いね!
俺の動きを見切るとは!( ; ゜Д゜)

そう言うと、彼女が笑い出した。

[女性]
貴方って面白い人ですね。

(そしてお礼がしたいと言った彼女と電話番号の交換をしたのが始まりだった。)

後日、彼女と待ち合わせをした俺は、一人真夜中に月を見ていたあの公園に行くことにした。

帰り際に俺はポケットの中の300円で、ジュース2本とタイ焼きを1個購入して二人で半分ずつにして食べた。

所持金0円です...破産しました。(笑)

俺はこの粗末な持て成しを、今の精一杯であると説明した。

ブランコに座ってただ話しをするでけではあったが、彼女には好評だったらしく、次のデートもその次の約束へと繋がり、二人が会う時間が自然と増えて行った。

[俺]
君が今見ている俺の姿はドン底で、もうこれ以上落ちることはないから...
恋人として正式に付き合って欲しい。
そして上に登って行く俺を応援して欲しい...絶対君に幸せだと言わせてみせるから!

[女性]
分かったわ...貴方は嘘をつく人じゃないから、きっとその約束を果たせる人だと私は信じます。
こちこそ、宜しくお願いします。

これが毎月300円の情けない男に彼女が誕生した瞬間である。

恋人が出来て、初めて夜食にして欲しいと手作りのお弁当を貰った時は嬉しかった。

一人暮らしを始めてからの初の夕食だったし、こんな俺でもご飯を作ってくれる女性が居るのかと思うと、涙が出て止まらなかった...

人生3度目の恋愛にして初めて手にした幸せ。

俺は転職をして、人並みの生活ができるようになっていた。

彼女との交際も4年目に入り、クリスマスも楽しく過ごした。

いつもなら、その場で開けるプレゼント交換。
今年は(私が帰ってから開けてね!)と言い残して帰って行った。

何だろう?

箱を開けると、中には手作りのクッションが入っていた。

何か刺繍されていることに気付いた俺。

彼女からのメッセージだった。

(今とても幸せだよ。これからも貴方のそばで、ずっと笑顔でいたいです。
いつまでも優しい貴方で変わらないで欲しい...愛しています。)

あの日あの公園で、彼女に(幸せだと言わせてみせるから!)と、約束したことを俺が果たしたと認めてくれたのだと思った。

ありがとう...4年間も俺を支えてくれて...今だ彼女にプロポーズするタイミングは!!

プロポーズする場所は勿論あの公園!
頑張れ俺!

そして、その結末は過去のブログですが、良かったらどうぞ。 ブログタイトル[心の穴]
http://yumesagasouyo.livedoor.blog/archives/17998051.html
ん~っ、何書いてるんだろう...俺は...
皆に伝えたいことは、欠点は責めるものではなくて、利点に変えて行くもだと思いながら私は生きています。

ドールの欠点があったとしても、発想の転換で利点に変わることがあります。

次回のブログでその例を紹介します。

今回は変な内容でご免なさい。m(__)m
それでは、また!

どうも皆様!
最近自分の部屋が欲しいクラードです。

猫を飼っている為にまともにブログを更新出来なくて困っています。(T_T)

猫のブロガーさんごめんなさい。
m(__)m

猫を愛してる片方ごめんなさい。
m(__)m

以前この家は猫を飼っていました。
親父の再婚者です。

3年で離婚し、傷だらけの部屋を47万円で直しました。

もう人生に猫はいらないと思っていましたが、まさか...猫を二匹ももらってくるなんて...

動物愛も時と場合によります。

ペットですから見た目は可愛いですよ。

イメージ 1

イメージ 2


このまま猫のブロガーに転向しようかなぁ~

なんて...思うわけないでしょう!

猫を飼ってまだ、たったの4ヶ月ですが、壁紙は剥がされ!

イメージ 3


襖は破られ!

イメージ 4


カーテンは引き裂かれ!

イメージ 5


ドアのスホジは食い千切られた!

イメージ 6


ほんの一瞬目を離せば、腹筋トレーニングのスホジに爪を立てていました。

イメージ 7


俺のドールはスホジ製なんだよ!
マジでやめろお前達!

可愛い以前に迷惑なんですけど...
(ToT)

俺にはお前らがこんな風に見えて仕方がない。

イメージ 8

イメージ 9


こんな被害が後何年続くのだろうか...

思わず検索

イメージ 10

何いいいいぃぃっ!16年だとぉ!!

だが写真はナイスなカットを使用していますね。
俺のイメージと同じだよ。

イメージ 11

イメージ 12


それに猫の生涯に必要な費用は一匹200万円...二匹居るから400万円もこれから必要なのか...

400万円後に家を直す費用が発生するのかと思うと目が回ります。

それに16年も先の未来に俺が生きている保証はないし、部屋は廃墟になってるよ。(/。\)

何だか絶望的です。

ドールブログに新しい写真を載せたい...

やれないと思えば思うほど、どうしても書きたくなるから不思議です。

このまま[立花 万子]の存在を封印されてたまるか!

頑張れ俺!

そして応援宜しく...です。

それでは、また!

↑このページのトップヘ